アイゴ

見かけがよくないことで人気がなく、毒のある棘を有しハンドリングが難しいため、なかなか流通にのりませんが、5月末から6月にかけては身質が素晴らしく良く、高級魚のイシダイに似ているとも言われます。

海の生き物のゆりかごである藻場を食い荒らすことでも知られており、活用が広がることで藻場の保全にも貢献できるでしょう。


メーカー/販売者名
長崎市みなと漁業協同組合外海支所/ 野母崎三和漁業協同組合活魚センター
郵便番号
み:851-2403 /野:851-0506
住所
み:神浦江川町554番地6 /野:長崎市脇岬町3386-27 脇岬北港埋立地内
電話番号
み:0959-24-0311 / 野:095-893-1131
FAX番号
URL(ホームぺージ)
E-mailアドレス
jf-sotome@oboe.ocn.ne.jp
担当部署/名

低・未利用・未活用食材の提供可能時期
5月~10月
低・未利用・未活用食材の量
数kg~数百kg
情報公開日
2024/06/19

半島の食のブランド化推進のための官民連携体制実施調査事業事務局
(株式会社JTB 霞が関事業部内)

TEL: 03-6628-4790(平日09:30~17:30 土日祝日は休み)
FAX: 03-6628-4791
Mail: hanto_shoku@jtb.com
窓口: 竹内 健二/秋元 恵美子