黒千石大豆

 乙部町の地大豆である黒千石大豆は皮部分にポリフェノールが多く含まれ、ポリフェノールの中でも特にアントシアニンが豊富で、普通の黒豆の2倍という研究結果がある。また、この黒千石大豆にのみ、免疫を活性化させる「インターフェロンガンマ(γ)」を生成する物質が含まれており、癌やアレルギーを減少させる働きがあり、ただの黒豆ではなく、まさにスーパーフードと言えるものである。
 また、この黒千石大豆は、他の地域でも生産はされているが、品種改良をせず、原種のまま生産しているのは、ここ乙部町だけである。

 黒千石大豆の低・未利用の食品は、大豆の調整選別(選別をするために、網を通して大きさを揃え、不純物を取り除く等の作業)において、製品のサイズに満たない超極小粒のもの、「網下」として出てくる。
 その網下は、通常の製品よりも安価(半値以下)で販売はしているが、栄養素等は製品と変わらないものである。雑穀米や、きな粉の原料となり加工用として、わずかに販路は有るが、コンスタントに販売はできておらず、現在販路拡大のために注力している。


メーカー/販売者名
ひやま南部大豆生産組合
郵便番号
043-0117
住所
北海道爾志郡乙部町字姫川392番地6
電話番号
0139-62-5700
FAX番号
URL(ホームぺージ)
E-mailアドレス
keiyakuyasai_01@bz03.plala.or.jp
担当部署/名

低・未利用・未活用食材の提供可能時期
12月~2月中旬
低・未利用・未活用食材の量
1トン前後(その年の収量、作況によって変動が大きい)
情報公開日
2022/12/23

半島の食のブランド化推進のための官民連携体制実施調査事業事務局
(株式会社JTB 霞が関事業部内)

TEL: 03-6737-9263(平日09:30~17:30 土日祝日は休み)
FAX: 03-6737-9266
Mail: hanto_shoku@jtb.com
窓口: 竹内 健二/安海 徳哲